敏感肌でもオールインワンゲルは使えるのか

最近流行りのオールインワンゲル。

10年ほど前から人気に火が付き、今や憧れのハイブランドからプチプラブランドまで各社さまざまなものが売られています。オールインワンゲルの魅力はなんといってもスキンケアの簡略化ができるということです。

美容成分がたっぷり含まれている伸びのいいゲルをさっと顔に広げるだけで、化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧下地の効果を得られます。さらに日焼け止め効果を加えたものや、ニキビケア・美白ケア・アンチエイジングなど人それぞれの希望を叶えてくれるプラス効果を持つ商品も数多く、ただ楽にスキンケアを終わらせたいというだけでなく、欲張りな願望にもきちんと答えてくれるのが今のオールインワンゲルなのです。

しかし敏感肌で悩んでいる方は、そう簡単に今までのスキンケアを変えられないという思いもあるのではないでしょうか。なんらかの要因により肌に水分をしっかりと蓄えられなくなって乾燥した状態が慢性化すると敏感肌になり、それによりかゆみやぴりぴり、ひどい場合は赤く炎症を起こしてしまうことがあります。

そんな肌にとって何よりも大切なのは保湿です。そして敏感肌はちょっとのことでも刺激になってしまうので、なるべく顔を触らないことも大切です。しっかりと水分を与え、それをキープし、必要以上の摩擦や刺激を与えないようにするには、スキンケアのステップを大幅に削減するオールインワンゲルがぴったりと言えます。

敏感肌の方は、商品パッケージにある成分表示を見て、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・スクワランなど保湿成分がたっぷり配合されているかどうかを確認してから選ぶこと、そして必ずテスターやサンプルなどでパッチテストしてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です